労務管理上の問題、労使間のトラブル、労働問題全般、労働基準監督署への対応等を専門に受けているプロ集団

労働問題解決サポート さむらい会

<さむらい会対応エリア>
栃木県全域、群馬県全域、茨城県全域
埼玉県全域、福島県全域

さむらい会では、栃木県を中心に、労働紛争、個別労働紛争や労使紛争などの労働問題を専門に、ご相談を承っております。
労使間のトラブル、労務管理上の問題などのご相談をはじめとして、都道府県労働局によるあっせん代理や、労働基準監督署やハローワーク等への役所対応まで、専門家である特定社会保険労務士が、連携して幅広く対応しております。
懇切丁寧な対応を心がけておりますので、お気軽にお問い合わせください。

<さむらい会対応エリア>
宇都宮市、足利市、小山市、栃木市、那須塩原市
大田原市、矢板市、鹿沼市、佐野市、下野市、真岡市
日光市、さくら市他、栃木県全域、太田市、桐生市
館林市他、群馬県全域、筑西市他、茨城県全域
埼玉県全域、福島
県全域

ごあいさつ

ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

当会は、「様々な労働トラブルを抱えた事業主を全面的にサポートする」ことを目的に、労働問題や労使紛争を専門に取り扱う栃木県内の特定社会保険労務士が中心となり発足した会です。
   
ご承知のように、近年、労働問題はますます複雑化・多様化しています。そのため、こうした労働問題を優位に解決できるかどうかは、担当する弁護士ないしは特定社会保険労務士の力量に大きく左右されると言って過言ではありません。誰に依頼しても同じ、ということは決してないのです。

当会は、労働問題や労使紛争を専門に取り扱う特定社会保険労務士だけで構成された専門家集団です。しかし、そのことに安心せず、メンバー全員がクライアントの要求に十分応えられるだけの解決能力を常に保つよう、定期的に勉強会を開き、判例・事例の研究を重ねています。

また、従来のスタイルのように、それぞれの事案に対して個々の専門家が独自に対応するだけでは、独善的な判断に陥ったり、方向性を誤ってしまうなどの危険性がないとは言えません。しかし、当会の場合は、メンバー間で緊密な連携をとり、必要に応じて知恵と経験を活用し合うことで、そうした危険性が排除され、クライアントにとって最も適した判断をすることができます。

もちろん私どもは、常日頃の業務の中において、労働問題が発生することがないように、顧問先の事業主とのコミュニケーションを密に取る中で、問題の未然防止策を助言し、そのための仕組み作りにも尽力しております。

そのおかげなのでしょうか、私どもの顧問先においては、今までに表立った労働問題は発生しておりません。その点からも日常の労務管理の重要性を改めて認識させられます。

私どもは、労働問題に関する専門家集団として、事業主様が安心して事業に専念できるよう、誠心誠意サポートさせていただきます。

私ども「さむらい会」が、労働トラブル解決のお役に立つことができましたら、大変幸甚です。

当会の特徴

当社が提供する『労働問題解決サポート』には、下記3点の特徴があります。

会員特定社労士の豊富な経験と実績

当会に所属している特定社会保険労務士は、労働問題が増加傾向になり、特定社会保険労務士制度が制定される年よりも前から、日々の業務の中において、様々な形の労働問題に対応してきた者ばかりですので、その豊富な経験実績により、お悩みの問題の解決に対して、あらゆる選択肢を判断材料にして、短期間で負担額を低く抑えられるように、会員間のネットワークを駆使し業務を進めてまいります。 

業務エリア内の各専門家との広範な提携ネットワークシステム

当会の会員は、栃木県内の各地域において業務を行っておりますので、御依頼者の近くで活動を行っている会員をご紹介することができます。
また特定社会保険労務士では対応の困難な事例に備えて、その分野に精通した専門家の方々と提携を結んでおります。当会で御相談を受けた事案に関しては、それらのネットワークを駆使して、最終の確認をするまで責任を持ってお手伝いをいたします。

ご依頼主である事業主・労働者双方のご負担軽減のため尽力いたします

当会のご依頼主となる事業主または労働者からのご相談・ご依頼に対して、しっかりとしたヒアリングを行い、問題に関する全体像を把握したうえで、業務の進め方、スケジュール、方向性、発生する料金等を、わかりやすい言葉で丁寧に、ご説明させていただきます。お客さまが納得できないまま、手続きを進めるようなことは致しません。

 

ブラック企業対策としての監督結果の発表
栃木の違反率は全国上回る

厚生労働省は過酷な働き方で若者らを使い捨てる「ブラック企業」対策として、情報を基に選んだ全国5111の企業や事業所に対して9月に実施した監督結果を発表しました。全体の82%に当たる4189企業・事業所で長時間労働や残業代不払いなどの法令違反があり、是正勧告したと発表しました
また、栃木労働局も若者の使い捨てが疑われる企業など93事業所に対し9月に行った監督で、82事業所に長時間労働や残業代不払いなどの法令違反があり、是正勧告したと発表しました。違反率88.2%は全国平均82%を上回りました。
監督結果によると、是正勧告を受けた事業所のうち、労使で決めた残業時間の上限を超えて働かせるなど違法な時間外労働があったのは、全国2241事業所・全国平均43.8%で、栃木は48事業所です。
このうち過労死認定基準としている100時間を超えた労働者がいたのは、全国平均14.3%の730、栃木は21.5%の20事業所を数え、全国平均を上回りました。残業代不払いも全国平均23.9%の1221でしたが、栃木は30.1%の28事業所で全国平均を上回りました。
業種別では、監督を実施した事業所のうち違反割合が最も高かったのは、飲食などの接客娯楽業で87.9%。次いで運輸交通業が85.5%、病院などの保健衛生業が83.6%で続いています。法令違反のうち、違法な時間外労働は運輸交通業、残業代不払いは接客娯楽業と建設業が最も多かったそうです。
一方、栃木では、93事業所の業種別内訳は多い順に製造業35、商業16、運輸交通業12と続き、法令違反があった事業所数も製造業が29と最も多く、商業、建設業、接客娯楽業について監督対象の事業所はそれぞれ16、6、5ありましたが、そのすべてで法令違反があり、違反率は100%となりました。

心の病 労災認定最多(2012年度 厚生労働省集計より)

職場での人間関係のトラブルや過労で精神疾患にかかり、2012年度に労災認定された人が、前年度の150人増の475人と、3年連続で過去最多になったことが、平成25年6月21日に、厚生労働省の集計により分かりました。
労災認定された人の原因や引き金となった出来事は、「嫌がらせやいじめを受けた」「上司とのトラブル」「セクハラ」などだそうです。厚生労働省では、「前からトラブルはあったが、申請する人が増えて、顕在化したのではないだろうか」と分析しています。
精神疾患による労災申請は、前年とあまり変わらない1257人。認定が増えた要因として、厚生労働省が審査の迅速化のため、目安の残業時間や具体例を明示したことにあるようです。
労災申請の多い業種としては、「社会保険・社会福祉・介護事業」「医療業」が多いようです。良い職場環境でありたいとは、社員の皆様だけではなく、事業主様の願いでもあると思います。
トラブルの芽は早めに摘みたいものです。ご相談ごとありましたら、お気軽にお問い合わせください。

バイト残業代不払いで送検に

平成24年3月6日、アルバイト従業員にサービス残業を行わせていた喫茶店チェーンを、労働基準法違反で東京・中央労働基準監督署が東京地検に書類送検しました。
1週44時間を超える時間外労働に対し、2割5分の割増賃金を上乗せせず時間給のみで支払っていたようです。
さらに、是正勧告を行ったにもかかわらず期日までに報告をせず、監督官が直接本社に司法処分を警告した後も違反を放置していたため強制捜査になりました。
今回の違法は、同労基署が毎年実施している定期的な監督指導で発覚しました。特定の業種から無作為に選びだして抜き打ち調査するパターンが多いそうです。
労働者からの申告や情報提供などに基づく監督指導とは異なります。労務管理には注意したいところです。

厚生年金調査 加入逃れの事業所 半減を目指す

厚生労働省は、厚生年金への加入義務があるのに、加入手続きをしない事業所について、3年以内に半減させる目標を定めました。
約175万か所ある全ての対象事業所を、4年に一度、調査する方針です。
現在、保険料負担を逃れるため、国の指導を受けても加入手続きを怠る事業所は依然として多く、10年度末で少なくとも約11万か所に上るそうです。
今回の方針は、パートなどの非正規労働者を2016年度から、厚生年金、健康保険に加入しやすくする法案を提出するにあたって、まず加入逃れの事業所の把握を徹底することを目的としています。
まずは、規模の大きいところから指導を徹底するそうですが、経営が苦しく、保険料を納めることも厳しい経営状況にある中小、零細企業もいらっしゃるかと思います。今後の労務管理には一層注意が必要となるでしょう

誰もがパワハラの加害者・被害者になり得る

職場のパワハラというと、上司から部下へ行うものと思いがちですが、そうとは限らない状況を紹介する記事がありましたので、以下抜粋します。

~抜粋~
『某企業のe推進部では、営業部から異動してきた40歳代の課長に対して、IT知識がないということで、部下が仕事に介入させなかったり、そんな状況をおかしいと言った同僚を仲間で無視したりとしたようです。
他にも、正社員が派遣社員に仕事を教えない 、数の多いプロパー社員が少数の出向社員を仲間外れにするなど、「いろいろなパワーの存在」があり、「誰もがパワーを持つ可能性がある」「誰もが加害者・被害者になり得る問題であることを知ることが、パワハラを起こさないための大切なポイントといえる」としています。』
*記事:「労働新聞」2012.3.26号 「知っていますか?『セクハラ・パワハラ』」 第11回 パワハラの加害者((株)クオレ・シー・キューブ 代表 岡田康子氏)
 
うつ病などにかかる従業員の方も多く、社内のコミュニケーションを円滑にすることを心がける事業主の方も増えているかと思います。色々と視点を広げることが解決への道の一歩となるでしょう。

過労死 企業名公開を

2009年4月に大阪労働局が過労死などで社員が労災認定を受けた企業名を情報公開しない、と決定したことに対して行われた訴訟の判決が出ました。
大阪地裁は、労働局の決定を取り消しました。
「公開しても社員のプライバシーや、企業の信用を傷つける恐れはなく、不開示は違法」と判断したようです。
原告側弁護団によると、企業名の情報開示を認めた判決は初めてで、「企業側が社会的監視にさらされることで、過労死をなくす努力をより強く求められることになる。」と評価しています。
今回の判決は、労働者側に立った判断が下されたわけでありますが、今後過労死などを出さないような勤務体系がより一層望まれるところです。

サービス残業 不払い急増

栃木労働局の発表によると、栃木県内にて2010年度中に100万円以上の不払い賃金を支払った企業は17社あることが分かりました。

企業数、対象人数ともに減少となっている一方で、支払総額は1億1,366万円から1億8,816万円と65%急増となりました。

月平均の残業時間は13.7時間と3時間近く増加しています。

業種別では製造業の7件が最も多くなりました。総額が多かったのは商業で、2社だけで6,507万円。1企業の最高額は6,188万円でした。

相談件数は1,030件で7件増と昨年とほぼ横ばいです。多かった相談事例は「終業後の会議に対し賃金が支払われない」などです。

仕事が増える一方で残業代も支払わなければならないというのは事業主の方にとっては大きな負担となりますが、法律を順守して労働者の方とトラブルが起きないようにしていただきたいものです。

当会では、適切な労働条件のご相談にものらせていただきます。

いじめ・嫌がらせ17%増(13年度労働紛争相談)

厚生労働省の公表によると、「総合労働相談」「助言・指導」「あっせん」のはいずれも減少しましたが、「総合労働相談」の件数は6年連続で100万件を超え、高止まりしています。このうち「いじめ・嫌がらせ」の相談内容が59,197件と2年連続で最多となりました。

平成25年度の民事上の相談件数は24万5783件で前年度より3.5%減少しました。

紛争内容の内訳は、多いものから『いじめ・嫌がらせ』が59,197件(19.7%)、『解雇』が43,956件(14.6%)、『自己都合退職』が33,049件(11.0%)となっています。

厚生省は企業を取り巻く環境が厳しくなって余裕が失われ、職場の雰囲気が悪くなっていることが背景にあるのではないか」と指摘しています。

「自己都合退職」には本人の意思に反して、名目だけ「自主的」となっているケースも含まれているとみられます。

これからも、こういった事が増えそうですが、誠実に対応していきたいものです。

何かご相談がありましたら、お問い合わせください。

職場のいじめ相談最多に(栃木労働局)

職場でいじめや嫌がらせを受けたとして、栃木労働局に相談する会社員やパート従業員の方が増えているということがわかりました。

2013年度に寄せられた相談件数は878件で、いわゆる相談実件数である2,758件をベースにみると、31.8%と3件に1件の割合となっています。

相談内容は、「上司に死ねと言われた」「机にごみを置かれた」「同僚から嫌がらせを受け、事業主に相談しても改善されない」などがあります。

このような相談が増えている理由として、「不況下での経費や人員削減、成果主義の傾向の強まりで職場にゆとりがなくなっていること」を同労働局は挙げています。

労働者と事業主のトラブルが民事訴訟などへ発展することを避けるため、同労働局は労働局長の指導・助言やあっせんで解決を目指す「個別労働紛争解決制度」で対応しています。

 特定社会保険労務士は、その「個別労働紛争解決」のお手伝いが出来る役割を担っています。

困っている労働者の方、事業主の方は、行政や専門家に早期に相談することが解決への糸口となります。お気軽にご相談ください。

このページのトップに戻る